読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう。また会おう。

まぁゆるりとやっていきますよと。

12月7日 GLT(Genesis Lightning Talks) Vol.49 で話してきた

最近は年末の風物詩?となった、「GLT Vol.49」にてLTしてきました。スライドは以下。

www.slideshare.net

GLTはここ最近、年1開催だったので
どうしても同窓会ノリで近況報告になってしまいがちで、これもまぁそうなんですが。

ネタの発端としては、昨年のGLT Vol.48 にて、懇親会の時に彼女の話になって
こっちの話のほうがLTのネタになるじゃん、みたいなことを言われていたので
じゃあ1年越しにそれをネタにしようかと。
・・・というのがネタフリで、いかにも喋るような体にしておきながら
実際は弊社絶賛エンジニア募集中だよ!って言いたいのを延々喋って、ちょうど5分時間切れになる、という
最近ではこの手の落ちも使い古しではありますが、「時間切れ狙い」というオチでした。
(最後のほうのスライドで、スーパーマリオの絵があるのは、以前のGLTは1分前にマリオのhurry up音
 時間になると、1 down音が流れる仕様だったので、それにあわせてのネタ)

で、スライドの本題の方は、ここでわざわざしゃべるつもり無いのですが(笑)
(それこそどこかの懇親会でツッコんでください)
エンジニア募集の方は、ほんとに真面目に募集しています。

事業ドメインとしてはなかなか手堅いところを抑えていて
まだまだ事業拡大中という状況で、
その一方、エンジニアは今超売り手市場なので、なかなかいい人材と巡り合うのが難しいんですよね。
ましてや弊社も特にエンジニア界隈では全然無名な方だと思うので
(あまり外の勉強会に積極的にでることもなかったので)
そこは自分がある程度スポークスマンになって、動こうかなと思っており。

技術的には、超最先端を常に追っていきたいとか、一発勝負出て大儲けしたい、という人には向かないですが
堅実に末永く腰据えてエンジニアリングに取り組みたい方
特に、音楽系、最近はスポーツ系も取り組み始めているので、そのあたりに興味ある方であれば
とても向いてると思っています。

なので、このブログで改めてという感じで
こういったビジネスのシステム開発・運用に興味あるなぁという方は
TwitterでもFacebookでも構いませんので、お気軽にお声がけください。

そうそう、GLTもいよいよ次回で50回!なんですね。
このイベント自体が発足した当時を知るものとしてはなかなか感慨深い。
もう、あの当時あの会社にいた人もすでに別の場所で活躍してる人も多くなりましたが(というか、残ってる人がいない・・・か?)
これだけ継続している事自体、コミュニティの力はすごいなと思います。
GLTがなければ出会うこともなかった人もほんと多いですし。

会場提供いただいたドワンゴ様、運営担当の皆様、ありがとうございました。